AVANCE2021プログラム

   テーマ

   初心者のための硬膜動静脈瘻の理解/読影に必要な血管解剖

 コンセプト: 今までのAVANCEやAVANCE basicをベースに、治療に必要な読影能力の基本とします。 特に普段の診療で硬膜動静脈瘻を経験することが少ないレベルの先生が基本的な読影ができるようにするのが狙いです。 午前中の部ではそれぞれの血管の基本解剖の理解を深め、後半の午後の部はそれらの血管がどのように硬膜動静脈瘻に関与するかを部位別の硬膜動静脈瘻の構造の特徴を理解しながら、解説します。

 プログラム: (それぞれのレクチャーの時間配分は変更になることがあります)

  午前中:(9:30-12:00) 

1) 頭蓋底の硬膜動脈の概要 (20分) Kittipong
2) middle meningeal arteryの血管解剖  (30分)  Kittipong
   休憩10分
3) ascending pharyngeal arteryの血管解剖(30分) K. Mori
4) occipital arteryの血管解剖(20分) H. Shigematsu
5) 内頸動脈、椎骨動脈からの硬膜枝の血管解剖(40分) Kittipong

 午後:(13:15-17:30)
1) 静脈解剖(40分) Kittipong
2) anterior cranial fossa dAVFの基本構造(30分) A. Hirayama
3) cavernous sinus dAVF(40分) Kittipong
休憩10分
4) tentorial dAVF(30分) H. Shigematsu
5) transverse/ sigmoid dAVF (30分) A. Hirayama
     休憩15分
6) anterior condylar confluence dAVF/その他の部位(40分) Kittipong
7) まとめ/自己評価テスト(20分) Kittipong

  


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。