AVANCE2021 basic part2

目標、狙い: 「破格」の理解は複雑な解剖の学習のひとつの有効な方法です。 破格の基本を理解すれば、その後解剖の学習への応用もでき、持続的な学習につながる内容と考えます。

Program

プログラム(案、2021.10.14時点)
13:00時 挨拶, introduction

13:10 破格の概論
fenestration, duplication, agenesis, double originなどよく破格に用いられる terminologyの意味を解説。(キッティポン)
13:40 内頚動脈のsegmentのコンセプト: 
血管はただの一本のパイプではない。 Segmentの概念についてまず理解をし、親しみを持ち、血管の見え方が変わって、様々な破格の説明ができるように。(田上)
14:10 MMA/ stapedial arteryの話: 
眼動脈を理解するのに必要な知識。 少し聞き慣れない話の可能性で、臨床と離れた話のようになるが、この前後のレクチャーのつなぎ目として。(キッティポン)
休憩(15分)
14:55 眼動脈の破格: 
眼動脈のvariationと発生学的な理由 (森)

15:25 頭蓋内の血管の破格: 
Azygos ACA, accessory MCA, anterior choroidal a.(時間配分的に問題なければ後頭蓋窩の血管も、後頭蓋窩の血管はある程度概論でも紹介する)(田上)
16:05 腕頭動脈系の破格: 
aortaの血管の破格(平山)
休憩15分
16:50 静脈の破格: 
見られる静脈のvariationからDVAまでを解説(重松)
17:20 Surgical Neuroangiographyを読んでみよう: 
 ご存知の方も少なくなってきているかもしれないが、「テキスト」の読み方を紹介、まとめ。(キッティポン)
17:40 参加者からの症例提示
18:00 終了 (最大延長18:15時)

講師

  田上秀一(久留米大学)、キッティポンスィーワッタナクン(東海大学)、森健太郎(横浜栄共済病院)、平山晃大(東海大学)、重松秀明(東海大学)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。